おこめつぶの発達障害日記

発達障害(ADHD)、障がい者手帳3級のおこめつぶの日記

転職活動にて使用していた障がい者向けサービス

 

転職活動にて使用していた障がい者向けサービス

前回に引き続き転職活動で使用していたサイトをまとめていきたいと思います。

今回については特に障がい者向けのサービスをピックアップして紹介していきます。

 ↓前回の投稿になります。良ければご覧下さい。

sa-ma-yu.hatenablog.com 

LITALICOワークス

litalico.co.jp

 

LITALICOワークスは障害のある方の「働く」をサポートするサービスです。
企業に就職したい、働きたい、という思いを持っている方に対して、ビジネススキル向上のためのワークショップ、ご本人にマッチした求人開拓、就職後の対人関係サポートまで、一人ひとりの自分らしい働き方実現に向けて、一貫したサービスを提供しています。

http://litalico.co.jp/service/works/ HPより引用

◇LITALICOワークスを利用した感想

LITALICOワークスは障がい者の方の就職支援サービスを行っており、就職活動の準備から、内定をもらった企業に利用者の方がなじめるまで、企業側と連携を取りながら、利用者の方を支援していくという形のサービスになっています。

僕は本格的な利用はしていませんが、一週間ほどの体験サービスを受けさせて頂きました。基本的には平日にLITALICOに行き、履歴書の作成や面接の練習などを行うという流れでした。転職活動を始めてから自由な時間が長くなり、生活リズムが狂ってしまう日が多かったので、生活リズムを整えながら集中して履歴書や職務経歴書などを作成できる時間と場所ができたのはとてもありがたかったです。

 

ちなみになぜ体験サービスで終わってしまったのかというと、LITALICOワークスの就職活動の方針が僕にあっていないなと感じたからでした。

LITALICOワークスの方針としては利用者の方に半年から一年という長期間LITALICOに通ってもらいながら就職活動や就職のための勉強などをおこなってもらうことで、利用者の方の理解を深め、利用者の方にあった仕事に就くための勉強やスキルトレーニングなどを行っていくという形でした。

 

経済的な部分もあり短期の転職活動を考えていた僕には長期的に通うというのは厳しいものがあり、本格的な利用は断らせていただきました。

しかし、発達障害精神障害があることで、どのよう就職活動を行えばよいのかわからなくなってしまっている方や社会に出るのが不安に感じている方などは、長期的な視野で専門のスタッフからアドバイスをもらいながら就職活動を行えるというのは良い環境に感じました。

 

ちなみに似たようなサービスを行っている会社にウェルビーやkaienなどがあります。

www.welbe.co.jp

www.kaien-lab.com


DODAチャレンジ

doda.jp

 障がい内容や程度、必要な配慮事項、希望する働き方等は一人ひとり異なります。
そのため、職種や求めるスキルを限定して募集するのではなく、
今までのあなたのご経験やスキル、ご希望や障がい状況に合わせてポジションを
探しながら選考をしていくスタイルの求人をオープンポジションといいます。
dodaチャレンジ」では、カウンセリングを通じて、
あなたにベストマッチの求人をご紹介していきます。

HPより引用

 

DODAチャレンジについては登録してから、電話で転職エージェントの方から”正社員の採用案件はほとんどない”との話を聞いたこともあり、実際に利用することはほとんどありませんでした。

 

今考えてみるとトライアル採用などの形はどうなんだろうな?という疑問が残りますし、当然地域によって正社員の案件数なども変わってくると思いますので、これから利用される方はご注意ください。

マイナーリーグ

先ほど紹介させてもらった株式会社kaienが提供している発達障害者雇用に特化した検索エンジンになります。障害者雇用ではなく発達障害雇用に特化という、おそらく日本初の検索エンジンになるのかと思います。

mlg.kaien-lab.com

発達障害は全人口の数%といわれます。多く見積もっても10%。つまり少数派です。しかし少数派でも仕事を楽しむことは出来るはず。そんなイメージに重なったのが、メジャーリーグを目指しながら、でもメジャーリーグよりも野球を楽しみながらプレーしているとも言われ、応援する観客も温かい目でプレイヤーを見守るマイナーリーグです。マイナーは英語で少数という意味ですので、発達障害が少数という意味ともピタリと重なり、この名前をつけました。マイナーリーグのログイン画面は、よく見るとスポットライトを浴びた野球場なのも、それが理由です。

https://www.kaien-lab.com/staffblog/発達障害の方向け-就活・転職サイト「マイナーリ/

kaien HPより引用

 

この検索エンジンには工場での製造業や倉庫整理などの職種の求人についてはあまり取り扱っていないこともあり、僕はあまり使用しませんでした。

取り扱っていない理由としてはハローワークの障害者向けの求人で扱っていない企業を開拓していきたいとの理由だそうです。※kaienの会社説明会で聞いた話を思い出して書いているので、HPの説明なんかとは少し違うかもしれないです。

 

PC操作の求人などを探している方などは使ってみるのも良いかもしれないです。

 

今回の記事が転職活動を行っている方・考えている方に

少しでも参考になれば嬉しく思います。