おこめつぶの発達障害日記

発達障害(ADHD)、障がい者手帳3級のおこめつぶの日記

自分の偏った認識(スキーマ)をかえてストレスのない生活を目指す!

こんばんは!本日も元気にブログの投稿をやっていきます!!

f:id:sa-ma-yu:20190919205735j:plain

 なんで元気にブログ投稿をやっていきます!なんて書くかというとですね、少し気持ち的に落ち込み気味なので無理してでも元気だしたいな!っと思って書いています(-_-;)

 

昨日、上司に怒ってしまったという内容のブログを投稿しました。

 

www.okomethubu.xyz

 

あまりにも理不尽な内容で怒られたので怒り返してしまったのですが、やはり新入社員がそういうことをすると良い噂が立たないようです。

 

今日も先輩に「自分の気持がいっぱいいっぱいだからって上司に怒るのはちがうよね?」っていう内容の話を優しく諭されました。

 

うーん、確かに怒ったのはよくなかったけど、それなりに理由があるんだけどなーとか思いつつも、下手に言い訳したところで火に油にしかならない気がしたので素直に「反省しています」とだけ伝えました。

 

心情的にはとても辛かったですが、そこは長い目で考えることにしました。

仕事できるようになって職場で戦力になる。そして、徐々に自分のことを理解してもらう。そう考えることにしました。

 

なので明日からは下手に落ち込まないように考え方を変えて、元気に頑張っていこうと思います!

 

そして今日のテーマは「物事の捉え方(スキーマ)をかえてストレスのない生活を目指す!」です。

スキーマとはなにか?

心理行動療法や心理学においてスキーマとは「個人の中にある一貫した知覚・認知の構え」となっています。

 

簡単に言えば個人が大切にしている価値観ということです。

 

日々の生活においては個人の持つスキーマな違いがイライラの原因になっていたりします。

 

先ほどの話で言えば、僕は理不尽なことで上司から怒られているので「自分は悪くない」という価値観を持っていましたが、職場の先輩は「上司に怒るのは非常識」という価値観に基づいて僕に話をしました。

 

つまり、「自分は悪くない」という価値観を理解してもらえなかったことが原因で元気がなくなっているという様に結論が出ます。

 

人間は自分の持っているスキーマ(価値観)によって作られた期待値を下回る意見や考えを受けるとストレスに繋がってしまいます。

 

そこで自分の持っているスキーマを理解し、スキーマの認識と期待値を修正していくことでストレスをため込まないようにしていきます。

 

今回の僕のことで言えば「たとえ理不尽なことでも、上司に怒るのは周囲の理解が得られない」という様にスキーマを修正し、次につなげていきたいと思います。

 

皆さんも、理不尽なことでも冷静に対処できるようなメンタル作りを心掛けください。

 

良ければ励みになりますので読者登録をお願いします。

ブログランキング参加しています。良ければクリックお願いします!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

 

 

ブックマークについても良ければお願いします! ↓