おこめつぶの発達障害日記

発達障害(ADHD)、障がい者手帳3級のおこめつぶの日記

発達障害(ADHD)持ちの僕が物流業界で半月ほど働いてみた感想

こんばんは。

今日はぼくが働いている物流業界の勤務についての感想を書いていきたいと思います。

クレーンで建設中の気仙川水門の写真

僕は現在、鋼材を扱っている会社で作業員として勤務しています。

勤務内容については

  1. 鋼材(1束2000㎏程)を倉庫の中から必要な分だけ選定する
  2. 天井クレーンに鋼材を括り付ける
  3. 天井クレーンが鋼材を出荷のトラックまで運ぶ(僕はクレーンの免許を持っていないので、この作業についてはやりません)
  4. 天井クレーンから鋼材を下す
  5. 1‐4を繰り返し指定された分の鋼材をトラックに載せる
  6. 載せた分の鋼材が本当に出荷するものなのか確認する

簡単に言うと上記の内容になります。

文章にすると業務内容としては難しくないのです。

 

しかし、作業の節々に注意するポイントがあり、職場で戦力として数えてもらえるまでには時間がかかるかな?ということを強く感じます。

 

ADHDとして物流業界の作業員は向いているのか?

正直、ADHD持ちの人間にむいているか?といわれると難しいところが多々あります。

①危険な作業であるため集中力・注意力が求められる

鋼材については平均的に1束2000㎏ほどありますので、クレーンの動きに常に注意して動かなければならず、鋼材についても山積みになっている場所から指定された鋼材を選んでくるので落下事故や挟まれ事故の可能性を持っています。

割とガテン系のノリ

危険な作業をしていることもあり、怒られるときはきつめに怒られます。僕は良くも悪くも割とガテン系のノリの職場にいたこともあり(一度、そのノリが原因でうつ状態になりましたが)、今のところは割り切れていますし、キツメに怒られることはあっても職場の人はいい人だなと思えています。しかし、きつめに怒られるのが苦手な方は正直厳しい職場なのかな?と思っています。

まとめ

危険な作業があり、単純作業を繰り返しているADHDにはどう考えても不向きな職場だと書いていて思いました。しかし、今までの仕事(4つの職種を経験・転職済み)を考えてみても大なり小なり集中力・注意力などは求められてきましたし、せっかく100社ほどエントリーした末に獲得した内定先なので頑張って定年まで勤めあげていきたいと思っています。

 

何より自分がこの仕事を通じて一つのサンプリングをすることができたら、他の発達障害の人にも少しはお役に立てるような気がしますしね(笑)

 

今日は華金ということもあり死ぬほど眠いので、もう寝ます。おやすみなさい。

 

 

 

良ければ励みになりますので読者登録をお願いします。

ブログランキング参加しています。良ければクリックお願いします!

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

 

 

ブックマークについても良ければお願いします! ↓