おこめつぶの発達障害日記

発達障害(ADHD)、障がい者手帳3級のおこめつぶの日記

転職活動では発達障害をオープンでするか?クローズでするか?

転職活動では発達障害をオープンでするか?クローズでするか?

タイトルでのオープン、クローズというのは

採用試験を受ける場合に発達障害を応募先の企業に

告知する(オープン)、告知しない(クローズ)

という意味になります。

 

発達障害については見ただけでは障がい者かどうか?というのが

はっきりとは分からないということもあり、こういった表現がされるようです。

 

転職活動についてはこれまで何度か経験があるのですが、

自分が発達障害であると診断され、障がい者手帳を取得してからの

転職活動については今回が初めてになります。

 

障がい者雇用枠のみに採用試験を絞るのであれば、

オープンの形で迷うことはないのですが、

僕の場合は一般雇用枠も条件によっては考えていたため、悩ましい問題でした。

 

しかし、とある転職エージェントさんの一言により

オープンで就職活動を行うことを決めました。

 

というか障がい者手帳を取得している場合は

オープンで就職活動しないとダメみたいです。

 

理由としては障がい者手帳を取得していると

税金の兼ね合いから、会社にもばれてしまうみたいです。

 

会社によって対応は様々だと思うのですが、

最悪、経歴詐称のような形で解雇もあるみたいです。

 

クローズで一般雇用枠に応募しても大丈夫!

という話も相談先によっては聞く場合があったのですが、

しかし、僕は重度のビビりなので、仮に採用されても

「ばれたらどうしよう」

という恐怖でストレスが大変なことになる気がしたので、

オープンで行くことに決めました。